忍者ブログ
オリジナルボイスドラマ「Damsel in distress」の制作日記です。
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10
まずは過去編。
この話は少人数の会話で進めていこうと最初から決めていました。
というか、掛け合いではなくちゃんとしたボイドラ企画は
二人や三人くらいの会話だけで成立するものなのかというのを試したかったので。

というわけで、DIDでは最初に登場するサナ。
この子が「Damsel in distress」=囚われの少女ということで、
生贄という立場になってもらいました。

本当は悪漢に囚われた人質の少女…とも思っていたのですが、
それだと話が軽くなってしまいそうだったので、
村を命を賭けて守る、芯の強い子にしてみました。

竜神様はまぁよくあるタイプの竜神様ですかね。
威厳があって、人間を下等なものと見ている、偉い神様です。
キャラ的にあんまりいじってませんが、内部ではサナを妻に迎えるところで
ロリと評判です(笑)。

ストーリーは割と悩んだ方ですね。
作中に出てきた「竜神様ではないどこかの神様」に助けられる話…とか、
いろんな方向を考えてみて、一番しっくりくる話を選びました。
サナが竜神様を説き伏せるというか…頭の良い子なんですね。
それに名前しか出てこない弟の面倒を見たり、しっかりしています。
とはいえ、きっとこの村は遺伝子的に女性が多いんでしょうね。
だからサナちゃんが生贄にされたりしているわけですが。

それ以前や、サナちゃんが女神になった後も、
生贄の女の子は毎年竜神様に食われてます。
それは竜神様が悪いわけでもなく、村が悪いわけでもない、
その村に生まれてしまった「運命」なんだろうなと思って片付けてます。

ちなみに、現代編や未来編の時代になっても
竜神様とサナ女神は生きてます。そういう設定です。
PR
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]