忍者ブログ
オリジナルボイスドラマ「Damsel in distress」の制作日記です。
[1]  [2]  [3]  [4

画像はってみた。
PR
メイキング話その5、未来編です。

そもそも近未来的でSFちっくな話は書いた事が無いので、
どう書こうかと悩みました。
そして考えた挙句、「SFといえばアンドロイド!ロボット!」ということで、
アンドロイド達の話を書くことになりました。

あと、ちょっと前にツイッターか何かで、
「1人も殺さなかったらコメディ作家。1人殺したらサスペンス作家。
5人殺したらミステリ作家。10人殺したらホラー作者。
100人殺したらバイオレンス作者。1000人殺したらファンタジー作家。
10000人殺したら歴史作家。絶滅させたらSF作家。」という文章を見つけたので、
いっそこれをやってみようと(笑)。絶滅させてしまいました。

それで、このくらいの時代になると自分でモノを考えるアンドロイドぐらい
いてもおかしくないかなと思い、その「考える」という行為そのものに悩むという
アンドロイドを主役としてみました。

しかし、この未来編で一番悩んでいるのはマザーなんですよね。
テーマの「囚われの少女」の立場にいることを一番実感しているのがマザーで、
それをSANAに教える事で、SANAをも「囚われの少女」にしています。
作中でマザーの言う
本当の私はどこにいるのか、本当に私は存在しているのか」という言葉は、
GARGOYLEというバンドのアルバムのキャッチコピーをお借りしました。
とても奥の深い言葉だと思います。

この未来編は…ハッピーエンドなんでしょうかね。
唯一誰も死なない話にして、全話通して聞いたら最後にすっきりとまとまるようにしました。

ちなみに、初期設定ではDVASは女性でした(笑)。
SANAの姉貴分という設定でしたが、現代編とかぶりそうなので
急遽PYDOの弟分になりました。
彼らの名前は特に意味はありません。
アルファベットの羅列で、アンドロイドっぽい名前と思ってつけました。


そういえばこのサイトへ「Damsel in distress」の単語検索で
辿り着く方も多いようですが、
フェティッシュなサイトではありません。いわゆるエロはありません。
期待していた方ごめんなさい。

メイキング話その4、現代編のお話です。

現代編は4人の女性の話を最初から決めていました。
というのも、女性の声活動者さんはとても多いので、
活躍できる機会を増やして差し上げたいと思っていたので。
現代の若い子の持つ心の闇というか、
そういうものを表現したくて作った話です。

3話の中で一番暗い話ですよね。
聞いていて後味が悪いかもしれません。
ですが、一度でも良いのでじっくり聞いて欲しい話です。

主人公「幸田佐奈」はごく普通の高校生です。
今の高校生ってどんな考えをしているのかよくわからなかったので、
あんまり社交性の無い、ネット依存症のような子にしてみました。
聴いた方はわかると思うのですが、
モノローグが彼女の語りなので出演部分は多いのですが、
彼女の生活背景がよくわかっても性格はよくわからないのです。
ゆうきたちの呼びかけに応じた理由も、特に深く考えていない。
何色にも染まっていないからこそ、最終的に一人生き残って
強く生きていけるんだと思います。

そんな佐奈と仲良くなる「ゆうき」「Jin」「飛べない蝶」は、
全く違うタイプの女性を集めてみました。

ゆうきは佐奈にとって「お姉さん」です。
ネットに主な居場所を見出している佐奈には、
ゆうきのような親身になって話を聞いてくれる、
血の繋がった姉のような存在が必要だったのです。
でもゆうきも完璧な人間ではなく、
彼氏に振られたという理由で死を選ぼうとする弱い部分があります。
簡単に「死にたい」と言ってしまうのも、人生経験が少ないからなんです。
ゆうきという名前は本名ではありません。
年齢や性別などをさらけ出したくない為に、男女ともに通用する名前にしています。

飛べない蝶は、中学生にしてすでに人生に絶望している子です。
外見的コンプレックスと、いじめられた事によって卑屈な性格になり、
自分を「デブでブス、勉強ができない」などと常に卑下しています。
そして、他の3人からの問いかけにもビクビクしながら答えているのも、
他人が恐いからなんです。
名前に飛べ「ない」と否定形があるのも、自分を否定しているからです。
「蝶」のように綺麗になりたい、でもどうせ自分にはなれない、という葛藤から
「飛べない蝶」という名前を名乗っています。

Jinは他の3人とは違って、本当は死にたくないと心から思っています。
だけど病気がそれを許してくれない。
だから、後半で言った佐奈の「もっと生きたい」という言葉に
極端に反応してしまったんです。
ちなみに、「綺麗な体で死にたい」と言ってた割に遺体が燃えるのを許したのは、
死んでからも綺麗でいたいというのではなく、
病気になってボロボロの体になって生きる自分が見たくなかったからです。
名前がJinなのは、本名が「仁美」だからだったりします。

この話で何を言いたかったのかというのも、
聴いてくださった方々によって違うと思います。
私個人としましても、一言では言い表すことができません。
「自殺ダメ!」でもいいですし、「命の大切さを感じた」でもいいです。
「結局何が言いたかったのかわからない」でも構いません。
とにかく、何かを感じてくださればと思います。

まずは過去編。
この話は少人数の会話で進めていこうと最初から決めていました。
というか、掛け合いではなくちゃんとしたボイドラ企画は
二人や三人くらいの会話だけで成立するものなのかというのを試したかったので。

というわけで、DIDでは最初に登場するサナ。
この子が「Damsel in distress」=囚われの少女ということで、
生贄という立場になってもらいました。

本当は悪漢に囚われた人質の少女…とも思っていたのですが、
それだと話が軽くなってしまいそうだったので、
村を命を賭けて守る、芯の強い子にしてみました。

竜神様はまぁよくあるタイプの竜神様ですかね。
威厳があって、人間を下等なものと見ている、偉い神様です。
キャラ的にあんまりいじってませんが、内部ではサナを妻に迎えるところで
ロリと評判です(笑)。

ストーリーは割と悩んだ方ですね。
作中に出てきた「竜神様ではないどこかの神様」に助けられる話…とか、
いろんな方向を考えてみて、一番しっくりくる話を選びました。
サナが竜神様を説き伏せるというか…頭の良い子なんですね。
それに名前しか出てこない弟の面倒を見たり、しっかりしています。
とはいえ、きっとこの村は遺伝子的に女性が多いんでしょうね。
だからサナちゃんが生贄にされたりしているわけですが。

それ以前や、サナちゃんが女神になった後も、
生贄の女の子は毎年竜神様に食われてます。
それは竜神様が悪いわけでもなく、村が悪いわけでもない、
その村に生まれてしまった「運命」なんだろうなと思って片付けてます。

ちなみに、現代編や未来編の時代になっても
竜神様とサナ女神は生きてます。そういう設定です。
ボイスドラマを作るに当たってまず必要なのが、
キャラクターを確立させる絵だと思いました。

そこで、CVさんを探す前に絵師さんを募集した所、
多数のご応募をいただきました。
選考の結果、3名の方にお願いすることになったのですが、
ご応募いただいた皆様の絵のクオリティーの高さに驚かされました。

私は絵はからっきし描けないので、
キャラクターを説明する時は落書きのようなラフ画をアナログで描いて
スキャンしたものをお渡ししたのです。
補足を見るとけっこう笑える事も書いてありましたね(笑)。
「未来編の服装は『GANTZ』みたいなの」とか、
「飛べない蝶は多分ヲタク」とか(笑)。
あとはこの時点で台本が出来上がってたので、
その台本を見ていただいた雰囲気から想像して絵を描いていただきました。

それからCVさんを募集したのですが、
CVさんは元々募集サイト等での一般募集はしないつもりでした。
というのも、お聞きいただいた方ならわかると思いますが、
本当に誰得といった感じの暗い話なんですね。
こんな話だと思わずに参加して後悔されても悪いと思ったので、
普段仲良くしてくださっている方に声をかけさせていただいたり、
Twitterの呟きという狭い範囲内でCVさんを集めました。

そうして、素晴らしいスタッフの皆さんが集まったわけです。

次回はキャラの説明でもしてみようかと思います。
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]